山形県税理士会館がグッドデザイン賞を受賞しました。

建築 現代建築
山形県税理士会館がグッドデザイン賞2020を受賞しました。グッドデザイン賞HP: https://bit.ly/34dIYWr
竣工時の記事を再録します。

2017年11月16日 竣工、引渡ししました。竣工写真を掲載します。(特記なき限り、小川重雄さん撮影です。)

撮影:矢野英裕(2018年4月)

撮影:矢野英裕(2018年4月)

撮影:矢野英裕(2018年4月)

既存の山形県税理士会館の老朽化に伴う、移転新築工事である。新しい敷地は、旧会館から歩いて3分ほどの場所にあり、中心市街地の霞城公園東幹線道路に面している。はじめて敷地を訪れたとき、ここには営業を停止してしばらく経った2階建ての町工場(併用住宅)が建っていた。敷地の西側には、隣接する建物との間に挟まれるようにして、山形五堰のひとつ、御殿堰が流れていることが確認できた。山形五堰は江戸時代に、農業用水、生活用水、城濠への給水などを目的につくられた疎水であり、馬見ヶ崎川から取水され、山形市内を網の目のように流れている。高度成長期には水質が悪化したこともあったが、現在は改善され、水生植物や昆虫の幼生なども生息するようになってきている。この御殿堰に面しつつ、街とも連続した親水広場をつくり、その広場に向かって建物を開くことで、税理士会の会員だけではなく、一般市民にも立ち寄りやすいような、公共性をもった施設にしたいと考えた。1階には2層分の高さをもつ庇に覆われた親水広場「季(とき)のテラス」を設け、そこから自由に出入りできるように「御殿堰ホール」を配した。60人収容できる多目的ホールであり、会員の研修を中心に今後さまざまな用途に用いられることが期待されている。2階には弓形の縁側空間があり、会員同士が休憩時間などにくつろぎながら話ができるような場としている。その縁側空間(ラウンジ)は通路を兼ねており、街を見渡すことができる「税務相談室」、事務室、応接室などと接続されている。IT化が進むこれからの時代、逆説的に人々の心の対話がより求められてくるだろう。それは税理士の分野でも例外ではなく、会計のクラウド化などが進む中、納税者である市民との対話が、その重要さを増してくると思われる。新しい山形県税理士会館が、本来の機能を超えて、新しい時代の税理士のあり方に寄り添いながら、会員同士、そして税理士と市民の豊かな対話の場になることを願っている。(矢野英裕)

This is a relocation and new construction project of the Yamagata Prefectural Tax Accountant’s Hall. The new site is about a three-minute walk from the old building and faces the Kajo Park East Main Road in the central city. When I visited the site for the first time, there was a two-story factory that had been closed down for some time. Sandwiched between the adjacent buildings on the west side of the site is the Goten Canal, one of the five canals in Yamagata, which was built in the Edo period. The narrow canal was built in the Edo period to supply water for agriculture, domestic use, and the moat of a castle, and is fed by the Mamigasaki River, which flows through Yamagata City like a web. Although the water quality deteriorated at one time during the period of high economic growth, it has now improved, and aquatic plants and insect larvae are now living here. Facing the Goten Canal, we created a public waterfront plaza that is connected to the city and open to the plaza, making it easy for not only the members of the Tax Association but also the general public to stop by. On the ground floor, a two-story-high eaves-covered waterfront plaza called “Toki-no-Terrace” is located on the first floor, from which the Goten Canal Hall, a multipurpose hall with a capacity of 60 people, is expected to be used for a variety of purposes, mainly for training of members. The second floor has an arched veranda space where members can relax and talk with each other during breaks. The lounge, which also serves as a corridor, is connected to the tax consultation room, the office, and the reception room, etc. In the future, with the advent of AI, there will be a greater demand for mental dialogue between people paradoxically. This is no exception in the field of tax accountants, and with the advent of cloud computing in accounting, the importance of dialogue with general citizens, who are taxpayers, is sure to increase. I hope that the new Yamagata Tax Accountant’s Hall will go beyond its original function and become a place for rich dialogues between its members, and between tax accountants and citizens, while staying close to the way tax accountants should be in the new era. (Hidehiro YANO)

 

 

 

はじめて敷地を見に行った時の写真

 

御殿堰は建物の間に挟まれるように流れていた

 

建築場所  山形市旅籠町

用途地域  商業地域

防火地域  準防火地域

主要用途  事務所

構造・規模 鉄骨造 地上2階建

敷地面積  321.4㎡

建築面積  152.8㎡

延べ面積  208.1㎡

1階床面積   109.5㎡

2階床面積    98.6㎡

 

東北税理士会山形県支部連合会ホームページ

建物の竣工後に、山形五堰を生かしたまちづくりを推進している山形市からお声がけいただき、税理士会館前親水広場を含む一帯の御殿堰の整備事業にデザイナーとして参加しています。上は完成予定図。2021年春竣工予定。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ